header-logo

Liquid(リキッド)の取扱い通貨
Bitcoin(ビットコイン)

Liquid(リキッド)でお取引いただける暗号資産 / 仮想通貨、ビットコイン(Bitcoin)について
初心者の方にもわかりやすくご説明いたします。
bitcoin-logo
bitcoin-logo-miniビットコインBitcoin (BTC)

ビットコイン(Bitcoin)はどんな暗号資産 / 仮想通貨?

ビットコイン(Bitcoin)は金融機関を介さずに世界中に送金、支払いができるシステムです。中央銀行ではなく、ブロックチェーンによって管理されています。他の暗号資産 / 仮想通貨は基本的にビットコインの仕組みを応用して後に登場したものです。また、ビットコインは暗号資産 / 仮想通貨の中で歴史が最も長く、かつ、取引高が大きく知名度も高いです。

ビットコイン(Bitcoin)の特徴と仕組み

他の暗号資産 / 仮想通貨の元となったパイオニア

ビットコイン(Bitcoin)は、2008年にサトシ・ナカモトと名乗る人物か団体がインターネット上に投稿した論文を元に開発されました。銀行などの信用できる第三者金融機関を通す代わりに、コンピュータの証明による取引方法を提唱しました。この論文を基にしてビットコインは開発され、現在、知名度・時価総額共に他の暗号資産 / 仮想通貨を大きく引き離しています。

法定通貨などの大きな違い 〜分散型台帳〜

日本円などの法定通貨の取引や送金などの際は金融機関などが持つ中央管理されたサーバーにある台帳に個人や企業情報を記録していますが、ビットコイン(Bitcoin)では、すべての取引が記録された大きな台帳として、コンピュータのネットワーク上に分散させています。コンピュータ間で常に取引の整合性を確認することで、取引の改ざんや不正な支払いを防いでいます。

国や国際機関の影響を受けず、迅速で格安な送金が可能に

ビットコイン(Bitcoin)は米ドルや日本円と異なり、特定の国に依存していないため、国や中央銀行の政策などに直接、左右されることはほとんどありません。また、第三者金融機関を通さず、直接送金されるため、手数料を低く抑えた、迅速な送金が可能となります。

ビットコイン(Bitcoin)の将来性や今後の予想

暗号資産 / 仮想通貨を代表し続ける

ビットコイン(Bitcoin)を皮切りに2,000以上の暗号資産 / 仮想通貨が登場しましたが、ビットコインの知名度・取引高はいまだに他を大きく引き離しています。これは企業が暗号資産 / 仮想通貨決済の導入を検討する際に採用される確率が高い他、他の暗号資産 / 仮想通貨との取引において基軸通貨として扱われることが多いことが一因となっています。この傾向が続くが限り、需要が高い状態が維持されると考えられます。

発行数が限られているために生まれる希少性

法定通貨の場合、中央銀行がいつ、どのくらい通貨を新規発行するか決めていますが、ビットコインはマイニング時に新規発行が行われ、総発行数も決められています。そのために法定通貨で発生するような国が自国通貨を発行し過ぎてインフレになるなどのリスクは比較的に低いです。

はじめての方へ

ビットコイン(Bitcoin)の
価格・推移・相場をチェックする

ビットコイン(Bitcoin)の買い方って?
購入の方法をチェックする

取引方法を見る