header-logo

Liquid(リキッド)の取扱い通貨
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

Liquid(リキッド)でお取引いただける暗号資産 / 仮想通貨、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)について
初心者の方にもわかりやすくご説明いたします。
bitcoincash-logo
bitcoincash-logo-miniビットコインキャッシュBitcoin Cash (BCH)

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)はどんな暗号資産 / 仮想通貨?

ビットコイン(Bitcoin)が課題とする処理速度などの問題を解決するために、2017年の夏に、ハードフォーク(分裂/分岐)したことにより生まれた暗号資産 / 仮想通貨です。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の特徴と仕組み

ビットコイン(Bitcoin)のスケーラビリティ問題を解決

当初、迅速な取引を可能にしていたビットコイン(Bitcoin)も、取引量が増えるにつれて記録するデータが多くなり、処理速度が低下していました。その解決策としては、書き込むデータ量を圧縮して容量を軽くする方法と一度に書き込めるデータを増やす方法があり、後者から生まれたのがビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)です。

処理速度改善により、スピーディーで格安な送金が可能に

一度に書き込めるデータ量を増やしたビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)はスケーラビリティ問題を解決し、これまで以上にスピーディーな送金が可能になりました。また、ビットコイン(Bitcoin)では優先的に送金処理を行うためには、通常より高い手数料を払う必要がありましたが、ビットコインキャッシュはスケーラビリティ問題を抱えていないため、送金コストを低く抑えることができます。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の将来性や今後の予想

個人間送金

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)はビットコイン(Bitcoin)の大きな問題であったスケーラビリティ問題(取引の処理速度の遅さ)への解決策として生まれました。これは暗号資産 / 仮想通貨の受け渡しを高速化したほか、1コイン単位あたりの価格を下げることにもつながり、比較的安い手数料と合わせ、例えば個人間の送金に向いた暗号資産 / 仮想通貨とも言えます。

今後のアップデート

ビットコイン(Bitcoin)で懸念があった一度に書き込めるデータ量を増やしたことは前述の通りですが、ビットコインからのハードフォーク(分裂/分岐)以降、さらに書き込めるデータ量を増やしたり、スマートコントラクト技術を導入するなど、頻繁なアップデートが繰り返されています。技術的な制約があるビットコインと比較して、今後も必要に応じた柔軟なアップデートが行われることが期待されています。

はじめての方へ

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の
価格・推移・相場をチェックする

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)の買い方って?
購入の方法をチェックする

取引方法を見る