header-logo

Liquid(リキッド)の取扱い通貨
キャッシュ(QASH)

Liquid(リキッド)でお取引いただける暗号資産 / 仮想通貨、キャッシュ(QASH)について
初心者の方にもわかりやすくご説明いたします。
qash-logo
qash-logo-miniキャッシュQASH (QASH)

キャッシュ(QASH)はどんな暗号資産 / 仮想通貨?

Liquid(リキッド)を運営するQuoine(コイン)が2017年11月始めた暗号資産 / 仮想通貨で、日本ではQASH(キャッシュ)自体の売買、レバレッジ取引の証拠金、誤送金の組み戻しの際の手数料となります。

キャッシュ(QASH)の特徴と仕組み

Liquid(リキッド)を運営するQuoine(コイン)が発行する独自の暗号資産 / 仮想通貨

QASH(キャッシュ)はLiquid(リキッド)を運営するQuoine(コイン)が発行するトークンです。現在はトークンとしての取引のみ行われていますが、開発が進められているLiquid Platform(リキッド・プラットフォーム)における活用が期待されています。

Liquid(リキッド)が進めるWorld Book(ワールドブック)プロジェクトが目指すものは?

Liquid(リキッド)は現在、Liquid Platformの開発を進めています。Liquid PlatformはInternal Order Book(インターナルオーダーブック)とExternal Aggregated Order Book(エクスターナルアグレイトオーダーブック)から構成されており、どちらも取引の流動性を高めることを目的としています。

流動性が高いことによるメリット

暗号資産 / 仮想通貨の流動性は取り扱いのある通貨ペアとそれぞれの取引所が独立していることに制約を受けております。多くの通貨ペア間の取引を提供し、取引所間のやり取りを促進することにより、暗号資産 / 仮想通貨がさらに使いやすいものとなり、より多くのユーザーの参入が期待できるます。結果として、価格の安定などにつながります。

キャッシュ(QASH)の将来性や今後の予想

Liquid(リキッド)が目指すWorld Book(ワールドブック)への投資

Liquid Platform(リキッド・プラットフォーム)は今後、Liquid(リキッド)上の取引を取りまとめるInternal Order Book(インターナルオーダーブック)や、他の取引所との取引を取りまとめるExternal Aggregated Order Book(エクスターナルアグレゲイトオーダーブック)との統合を進めていく予定です。それらが実現されると取り扱う通貨ペアが増えるだけでなく、暗号資産 / 仮想通貨の売買の際のスプレッドも狭くなることが期待されています。

Liquid Platform(リキッド・プラットフォーム)の開発と共に見えてくるメリット

キャッシュ(QASH)はLiquid Platform(リキッド・プラットフォーム)を開発しているLiquid(リキッド)を運営するQuoine(コイン)が発行体です。世界中の暗号資産 / 仮想通貨取引所を束ね、取扱い通貨ペアを増やすことによって高い流動性を確保するLiquid Platformの開発が進めば、Liquid上でのユーティリティーが出来てくるかもしれません。金融のプロが作っている取引所だからできるサービスをご期待ください。

はじめての方へ

キャッシュ(QASH)の
価格・推移・相場をチェックする

キャッシュ(QASH)の買い方って?
購入の方法をチェックする

取引方法を見る